自分がダメだと思いたくない

個人的な備忘録もあるけど承認欲求もある

17年振りに歯医者に行く Part3

30歳の友達が虫歯に一度もなったことないらしいです、羨ましいです。

 

ずるいって言おうと思ったけど、ずるいって言葉を人に向けて使うと自分の器がどんどん小さくなる気がしません?

 

私はします。

 

何に対しても、ずるい!ずるい!って言う子が過去に友達でした。

あれ言われる度に萎えるし、何か報告する度に「ずるい!」って言われると何も言えなくなっちゃうよね。

 

「実は彼氏できたんだ!」

 

「はー?ずるい!」

 

って会話は友達の会話ではないのです。

 

 

話が脱線しました。

30歳でも虫歯がゼロってのは「羨ましい」のです。

その歯を生涯大事にしてね。

そういえばデヴィ夫人も、あの歳で虫歯がゼロって凄いことだよね。

友よ、目指せ、デヴィ夫人

 

 

今日は右奥の下!

神経を抜いてきました。

 

麻酔が足りずに削ってる途中でペイン。

思わず手を挙げて麻酔追加。

 

ペインしたから怖くなって産まれたての子鹿のようにプルプル震えました。

 

ジョジョ1部でポコのお姉さんが「一番こわいのはこの痛みなの? 痛いのってこわい? 」ってポコに叱ってましたね。

 

私はポコじゃないからやっぱり痛いのは恐怖なのです。

歯の違和感を17年放置する時点で黄金の精神なんてのは持ち合わせておりません。

 

だけど、自分を奮起しないとダメだっていうのは充分に理解しております。

 

ツェペリさんは恐怖を我が物とするのだ!なんて言ってました。

それが勇気なんです。

 

32歳独身、彼氏いない歴8年、腐女子

そんな私にも歯医者の恐怖は乗り越えられるはずなんです。

 

そんな事を考えながら治療しました。

 

 

 

麻酔追加したら普通に痛くなかったです。

 

何か金属の器具を入れられました。

先生が治療しやすいように入れたのかもしれません。

だけど、器具がガッチャンガッチャンと私の歯茎から外れてしまいました。

 

「唾液が多いからこれつけたんだけどね…」

 

先生がボヤいてました。

 

申し訳ない。

お口の中が常にウエッティですまねえ。

 

3回目で器具がとれてから、先生も諦めたのか、指で口を広げられて、神経を針でホジホジしてから埋めました。

 

ありがとう先生。

もう上も下も痛くないよ。

ありがとう先生。

 

 

次回は月曜日です。

 

今日神経を抜いたところをイジイジするか、左下の抜歯ですね。

早く左下抜きたい。

 

もうね、ほぼ無いの。

 

抜歯した事がある人は言っていた。

外側から砕いて取るんだよって…。

 

 

 

私は恐怖を我が物とする事が出来るのだろうか?